「第35回・第45回全国茶品評会優勝 農林水産大臣賞受賞の相藤農園」「静岡茶、川根茶の高級茶通販」「お茶、日本茶のお取り寄せギフト」


手もみ茶の製造方法


 現在はほとんど機械でお茶を揉んでいますが、昔はすべて手揉み茶の製造方法で、お茶を作っていました。

 相藤農園2代目、相藤良雄は全国手揉み茶品評会で優勝すること7回、日本でただ一人の永世名人に認定されていた人物でした。
                          

手揉み茶は、作られる量が少ないため相藤農園では残念ながら販売しておりません。



1.お茶を摘みます
手もみ用のお茶の葉は、その技術を活かすために柔らかい芽を摘みます。

2.摘んだ生葉
お茶の葉が新鮮な状態のまま蒸す工程にはいります。

3.お茶を蒸します
 お茶を入れ、ふたを閉め、少しの時間おいてから、ふたを取り長い箸でかきまぜます。それをくり返します。青臭い匂いが消え、良い香りが出始めた所でお茶を出す。

4.風を送りながらお茶を冷やす
 蒸しから出たお茶の葉を素早く、風を送りながら、冷やします。また、蒸して付いた露を取り除きます。

5.葉振い
お茶の葉をもち指先を巧みに動かしながらほいろ全体に振い落とす。これにより、約30%の水分が減ります。
6.回転揉み
お茶の葉を手に握り両腕を伸ばして、左右に転がす。これにより、約50%の水分が減ります。
7.中上げ
一度、ほいろから出します。
(約10分)
その間に、ほいろを清掃する。
8.揉切り
お茶を揃えて拾い上げ、両手でお茶を挟み、前後に手をすり合わせます。形をつけながら少しづつ乾かす。
9.転繰揉み
お茶を両手で抱き合わせて、すり合わせ、おお茶の形状を整え、針のように伸ばします。
10.こくり
葉を揃えて、両手で強く握り締め、左右の手を交互に動かし、お茶の形を整え光沢をださせる。
11.乾燥
ほいろの上に広げ、乾燥させる。
12.できがり
針のような、細い形の手もみ茶ができあがりました。

ページトップへ